試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 口コミ

このサイトは、松平勝男さんの「試験に受かるユダヤ式記憶術」のレビュー、効果、口コミなどの情報を公開しています。

サイトトップ > 左脳型の記憶術が受験生向きである理由

左脳型の記憶術が受験生向きである理由


詳細はこちらをクリック


受験に使える記憶術の条件とは?


「試験に受かるユダヤ式記憶術」は左脳の働きを使った記憶術です。「左脳型記憶術」と言ったらよいでしょうか。


受験生が使える記憶術の満たすべき条件を考えてみると、次のようになります。


@ 受験生の年齢でも習得できる
A 才能に関係なく習得できる
B 参考書に載っているような複雑な知識を覚えることができる
C 少なくとも試験終了時まで長期間記憶できる
D 必要に応じて関連事項とともに思い出せる


まず、どんなに強力な記憶術でもマスターできなければ意味がありません。「イメージ化」や「連想」を利用する右脳型の記憶術(一般に目にする事の多い記憶術)は、この点で難があります。


なぜなら、右脳系の能力は個人差が大きく、才能に左右されるからです。また、人間の脳は年齢とともに左脳の働きが優位になるため、受験生にとっては左脳の働きを利用するタイプの方が遥かに習得が楽なのです。


つまり、上記の@Aの条件を満たすのは左脳型記憶術だということです。


次に、記憶する事柄の問題があります。


確かに、短時間に大量の英単語の意味を覚えるという類のことも必要ですが、それよりも重要なのは、複雑に関係のある知識のネットワークをどうやって頭のなかに定着させるか、ということです。


左脳型記憶術は覚える時に、理屈を理解し、納得しながら記憶していきます。こうして覚えたことは長期間忘れませんし、また、思い出すときも理屈を頼りに自信を持って思い出すことができます。


頭の中に知識のネットワークを構築し、どこからでも覚えた事を芋づる式に思い出すのは左脳型記憶術が適しているのです。


以上のことから、「試験に受かるユダヤ式記憶術」は受験勉強に適した記憶術であると言えるわけです。



詳細はこちらをクリック



左脳型記憶術一覧