試験に役立つ左脳型速読術 松平勝男 感想

このサイトは、松平勝男氏の「試験に役立つ左脳型速読術」のレビュー、感想、口コミなどの情報を公開しています。受験生やビジネスマンに最適で、才能に関係なく習得できる速読術です。

試験に役立つ左脳型速読術 松平勝男 感想


詳細はこちらをクリック


才能の要らない左脳型速読術を使って、
参考書なんか、1日で読んでしまおう!



「試験に役立つ左脳型速読術」について紹介します。この速読術は、試験対策やビジネス現場で使うのにピッタリなのです。


ふつう、速読術というと右脳をフル活用するものが多いですね。文章をイメージとして脳にコピーしてしまうような速読法です。


しかし、これは論理的な文章を読むのには向いていません。論理的な文章はイメージ化しにくいですし、論理的な内容を理解するのは左脳だからです。


受験勉強で読む文章やビジネス文書は、基本的に論理的な文章です。つまり、右脳を使った従来の速読術は、あまり向いていないのです。


一方、その対極にあるのが「試験に役立つ左脳型速読術」です。左脳を使う速読術は文章の構造を上手く利用することで読むスピードを上げるものなので、イメージ化しづらい参考書やビジネス文書に“うってつけ”なのです。


左脳型速読術のトレーニングを行うと、自動的に左脳は鍛えられることになります。これは、文章を理解するスピードが上がるということなんですね。つまり、頭の回転が速くなるわけです。


200〜300ページの参考書やビジネス書を毎日1冊ずつ読む、なんて事もできるようになります。実際、「試験に役立つ左脳型速読術」の著者である松平勝男氏は、毎朝喫茶店で主要4新聞と新書1冊を読んでしまうそうです。その間、約1時間。文句ない速読レベルですよね。


左脳型速読術の良いところは、才能に関係なく誰でも習得できるという点です。従来の右脳型速読術が多分に才能の有無に影響されるのとは対照的です。


もちろん、右脳型速読術の威力は強力です。単純に文字をインプットするスピードだけを比べれば、左脳型速読術は右脳型速読術にかないません。


しかし、次に示す理由から、受験生やビジネスマンに適しているのは明らかに左脳型速読術です。


■ 論理的な文章(参考書、ビジネス文書)に向いている
■ 才能・素質に関係なく誰でも習得できる
■ 実用上まったく不満の無いレベルの速読が可能


さらに、「試験に役立つ左脳型速読術」は英語の速読にも威力を発揮します。頭の回転が速くなり、英語を英語のまま理解する事ができるためです。TOEICなどの試験にも効果が大きいでしょう。


今まで、「速読術なんて、とても出来そうにない」とあきらめていた人も、左脳型速読術なら十分にマスターできます。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


詳細はこちらをクリック




このサイトは、松平勝男氏の「試験に役立つ左脳型速読術」のレビュー、感想、口コミなどの情報を公開しています。受験生やビジネスマンに最適で、才能に関係なく習得できる速読術です。




試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 レビュー


「藤本式記憶術」 藤本憲幸 レビュー


行政書士試験短期合格術 小野たかひと 感想


試験に役立つ左脳型速読術 松平勝男 レビュー 感想 口コミ